プロフィール

1983年4月7日生まれ。おひつじ座A型。愛知県扶桑町出身。

「田口、お前は打楽器向きの顔しとる!!」という先生の言葉をきっかけに
13歳より打楽器を始め、中学・高校と吹奏楽部に所属し音楽に明け暮れた生活を送る。
名古屋音楽大学器楽科打楽専攻卒業。在学中特待生。
名古屋音楽大学院音楽研究学科修了。
6年間たくさんの良き仲間に恵まれながらさらに音楽漬けの毎日を送る。

Classic Percussionを和泉正憲、岡田知之、栗原幸江、各氏に師事。
Latin PercussionをVITO氏に師事。
名古屋音楽大学第27回定期演奏会、卒業演奏会出演。
名古屋音楽大学院修了演奏会出演。
第12回KOBE国際学生音楽コンクール本選出場。
第30回読売中部新人演奏会出演。第4回中部新人演奏会 第一位。
ブラジルの打楽器奏者、ネイ・ロサウロ氏作曲の「マリンバコンチェルト第2番」の日本初演
世界的マリンビスト安倍圭子氏、ネボーシャ・ジブコヴィッチ、アメリカの打楽器アンサンブルグループ「パルサス・トリオ」、エレクトーン奏者松田昌氏、十七弦琴奏者八木美知代氏、クラリネット奏者リチャード・ストルツマン氏、世界的ジャズプレーヤーであるスティーブ・ガッド氏、エディ・ゴメス氏ら様々な演奏家と共演。


徳川園・蓬左文庫オープニング・シリーズ『挑戦する伝統』(最終章)で竹下景子(朗読、演技)と共演。
三木稔が芸術監督を務める八ヶ岳北杜国際音楽祭クロージングコンサートにて打楽器奏者有賀誠門、中国琵琶シズカ楊静らと共演。
また、ガムラン音楽に興味をひかれ、本場インドネシア・バリ島にて世界的第一人者、イ・クトゥ・スウェントラ氏に直接指導を受ける。
バリ島アートフェスティバルに出演。
2007年ニューヨークで開催されたI.A.J.E.(International Association for Jazz Educators)に参加。
2010年8月12日、日中友好条約が結ばれた記念の日に上海万博 綜芸大庁にて演奏するなど国内外とわず数多くの演奏会に出演。
2011年2月にはテレビ愛知主催New Artist Classic Stage にてリサイタルを行い超満員で大好評を博す。
2012年10月に1stアルバム「リズム☆パラダイス」を発売。
2013年9月には念願だったキューバへの音楽留学を実現。
2014年結婚。田口美郷からギヨルギエウ美郷へ改名。

現在、『スカルサクラ』『BIRTH』『voir』『MAR』『にじいろ音楽隊』『LucK!』『鬼頭哲ブラスバンド』メンバー。色々なアーティストのサポート等も行っている。
また最近では中学・高校の吹奏楽部の指導や、自身が代表を務めるMusic Studio 『CORON』にて後進の指導にも積極的に取り組んでいる。
Classic,Latin,Jazz,Pops,演劇や現代芸術などジャンルにとらわれず、繊細さと大胆さを合わせ持つプレーヤーとして様々な場所で活動中。

 

コメントは受け付けていません。